2011年01月30日

どうなる東京国際アニメフェア

まずおすすめリンク→有機野菜・お試しネット販売


マンガの販売規制を強化する

東京都青少年健全育成条例改正問題で

出展ボイコットが相次いでいるアニメの総合展示会

「東京国際アニメフェア」の第2回実行委員会が開かれ、

出展数が10年3月実績の244社から4割減の153社。

規模を示す「小間」は、昨年の615から491へと

約2割減ったことが明らかになったとの報道。


問題は性描写そのものよりも、

あいまいな線引きによる、都側の勝手な解釈で

作品が理不尽な扱いを受ける可能性と、

その拡大解釈による表現や言論の自由への規制に

繋がるということへの警戒感の問題です。

都側が、そのあたりの配慮がないために、

問題になっているのです。

この問題は、今後も尾を引きそうです。


こちらもどうぞ→恋愛

posted by 向日葵 at 15:14| 日記