2010年12月03日

Wiiの独走を阻め

まずおすすめリンク→美浜区ガイド


2日で日本発売から5年目を迎える任天堂のゲーム機

「Wii(ウィー)」の独走を阻もうと、

競合他社による包囲網が強まってきました。

体感型の操作性を取り入れることで、

女性や中高年など新たなユーザー層を開拓し、

世界で7500万台を超える販売を記録したWii。

しかし、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)と

米マイクロソフト(MS)も体感型ゲームに参入し、

年末商戦で熱い戦いを繰り広げています。

9月にはSCEがPS3の付属機器「Move(ムーブ)」を、

MSが11月にXbox360の付属機器として

「Kinect(キネクト)」をそれぞれ発売。

両社ともWiiユーザー層を狙い撃ちする考えのようです。

両社とも出足は順調としており、

ムーブが発売から2カ月超で410万台出荷、

キネクトが同25日で250万台を世界で販売。

両社からのプレッシャーを受け、

ゲーム業界の“王者”任天堂の真価が問われますね。


こちらもどうぞ→起業 アイディア


posted by 向日葵 at 23:32| 日記