2011年10月23日

スギ花粉とセシウム

まずおすすめリンク→セラムデュー・クレンジング


原発事故を受けて、林野庁が来月にも

福島県内のスギ花粉の放射性物質の含有を調べることに。

当然、高い放射線量の場所で生育した花粉のデータなど

あるわけはなく、もし、線量が高ければ、年末に発表する

花粉飛散の予測に盛り込まれることになります。



何せどうなるか、誰も分からないので、

検査結果が非常に気になるところですが、

もし、線量が高いとなると、かなり花粉は遠くまで飛ぶので、

かなり不安な状況になりますね。

ただ、調査対象の場所はかなり広域の及ぶと思われるので、

調査の仕方にも工夫が必要でしょうね。



こちらもどうぞ→ ライオンラクトフェリンの口コミ
posted by 向日葵 at 16:59| 日記

6歳で暗算9段

まずおすすめリンク→肩こり解消を望む人にも人気の六角脳枕


さいたま市に住んでいる6歳の幼稚園児が、

今年9月に行われた暗算検定で、なんと9段に合格したそうです。

彼女の事はテレビ番組で見たのですが、

いたって普通のかわいい幼稚園児なのですが、

凄い暗算力なのです。



その試験はというと、4ケタ同士のかけ算や、

8ケタと4ケタの割り算など全3種目各40問を

制限時間の3分以内に解くというものです。

配点は、1問当たり5点で、

9段は全種目で200点満点中170点以上が必要とされる

超難関なのです。ちなみに昨年度は、

受験者3万1597人のうち9段合格は204人だったそう。

そんな試験で彼女は見事9段合格です。

しかもそろばん教室に通い始めて、1年半ほどだそう。

塾長によれば、集中力が並外れていて、

普通の子は15分もやれば飽きて来るのだが、

何時間やっても集中力が途切れないそう。

また、間違っても泣いたりせずに黙々と

問題を解いているというのです。

こんな集中力を持つ子は、将来が本当に楽しみですね。

うらやましい限りです。


こちらもどうぞ→プラセンタカプセル
posted by 向日葵 at 04:03| 日記

2011年10月22日

セガール本気の保安官

まずおすすめリンク→利尻ヘアカラートリートメント お試しセット


映画“沈黙シリーズ”でおなじみのスティーブン・セガールさんが

警察官に転身するとの報道が。

実際に、アメリカとメキシコの国境周辺にあたる

テキサス州ハズペス郡の保安官代理として

来年1月から勤務予定だそうです。

この場所は、不法入国や麻薬密売などが頻発する犯罪の最前線で、

シャレにならないほどの危険地帯なのです。

実際に今年8月には、国境付近にあるメキシコの警察署で、

麻薬組織の攻撃に恐れをなした所属警官20人が

全員辞職する事態も発生したそう。

ロイター電によると、なんと、セガールさん本人から

「国境周辺のパトロールを行う保安官代理の仕事に興味がある」と

ハズペス郡側に持ちかけたとのこと。

 

実際格闘技に関しては、半端な腕前でないのは

周知の事実で、1対1ではまず負けないでしょう。
 
実は俳優活動の副業で、20年以上保安官経験があるので、

全くの素人ではありません。

果たして、映画同様、不死身のスーパースターでいられるか、

今後の活躍が期待されますね。


こちらもどうぞ→ライオンのラクトフェリン
posted by 向日葵 at 08:10| 日記

2011年10月20日

サバが高級魚になる?

まずおすすめリンク→ひんやり枕


今、サバをめぐって、バトルが繰り広げられているのが、

北欧のノルウェーとアイスランドです。

実はノルウェーは北海のサバの年間漁獲量の

ほとんどを占める国でした。

ところが、温暖化の影響か、サバの回遊ルートが北上したため、

サバの漁場がノルウェーからアイスランドへ

かなり移動してしまったのです。

当然アイスランドの漁師たちはラッキーです。

ここぞとばかりにサバと獲りまくっています。

おかげでノルウェーが、非常に厳しく漁獲管理をしていたのに、

アイスランド側が乱獲を続けているため、

今後の個体数の激減も予想されています。



現在、関係各国で協議をしてるようですが、

アイスランド側は聞く耳を持っていないようで、

見通しは暗そうです。

ノルウェーとしては、きちんと管理しながら、

漁をしてきたのに、資源ごと隣国に獲られたようなもので、

納得いかない所でしょう。

日本も他人事ではありません。

実は国内消費のサバのなんと90%がノルウェー産です。

この先アイスランドを始めとする国の乱獲により、

漁獲高が減れば、価格が高騰し、

日本への打撃が相当広まります。

現在は、円高のせいで、なんとかなっていますが、

今後どうなるか分かりません。

早い所、アイスランドが心を入れ替えるよう、

日本からも働きかけを行ってほしいものです。


こちらもどうぞ→北の大地のオリゴ糖
posted by 向日葵 at 06:32| 日記

2011年10月15日

超高級車は売れてます

まずおすすめリンク→海麗はマリンコラーゲン


不況不況と言われていますが、

いわゆる勝ち組の人達の消費欲求は変わらないようです。

特に昔から成功者の象徴的な車に関しても

その状況は同じようで、

このところ発売されている、超高級車には予約が

ちゃんと入っていて、超高級車メーカーにとっては、

日本は今もお得意様のようです。


特にランボルギーニのニューマシン「アヴェンタドール」は、

軽量の炭素繊維の車体と700馬力のエンジンで、

最高速度は時速350キロ。価格は約4100万。

しかし、多くの予約注文があり、納車まで1年半待ちだそう。


他にもマクラーレンの新型車「MP4-12C」は、

エンジンは600馬力、最高時速330キロで、価格は2790万円。

なんと、すでに55台も注文が入っているそうです。


いやはやうらやましい限りです。

一度は乗ってみたいのですが、

消費税はいくらだとか、維持費はいくらだとか、

考えているような庶民の私には、

どう考えても縁がなさそうですな。


こちらもどうぞ→闇金融とキャッシング
posted by 向日葵 at 18:00| 日記